抗がん剤の副作用について

スポンサードリンク
抗がん剤の目的は、「抗がん剤とは?」でも述べたように、がん細胞の死滅を促すことですが、この作用が正常な細胞まで傷つけてしまう結果として現れるのが副作用です。

抗がん剤の多くはその性質上、頻繁に分裂を繰り返す細胞を攻撃するようになっているため、がん細胞のように盛んに分裂する他の正常な細胞まで、この影響を受けてしまいます。

副作用の症状として特に起こりやすいのが、吐き気、脱毛、白血球の減少などで、抗がん剤の種類によっても違いますし、個人差もかなりあります。しかし、全く副作用のない抗がん剤というのはまだ開発されておらず、これからの研究に期待するしかありません。

従って現状では、実際に副作用が起きた際に迅速で適切な処置ができるよう、抗がん剤投与前に副作用への対策をとっておくことが重要で、主治医を中心とした万全の体制がとられるようになっています。

もちろん、使用される抗がん剤は、副作用が現れても十分に患者が耐えられることが大前提で選ばれますので、投与の前に主治医からの十分な説明を受けた上で、患者自身が余分な不安感を取り除くことも重要なポイントとなります。
posted by AntiCancer | 抗がん剤治療の役割

抗がん剤の有効性は?

スポンサードリンク
抗がん剤治療は、その対象とするがんの部位と種類によって、効果が高い場合とそうでない場合があります。

効果が最も高いとされているがんは、小児急性リンパ性白血病、悪性リンパ腫(ホジキン病)、慢性・急性骨髄性白血病、絨毛がん、精巣腫瘍などで、次いで高いとされているのが、悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)、小細胞肺がん、乳がん、卵巣がん、前立腺がんなど。

そして中程度の効果が認められるのが、脳腫瘍、舌がん、頭頸部がん、食道がん、非小細胞肺がん、胃がん、肝臓がん、多発性骨髄腫、軟部腫瘍、骨肉腫、皮膚がん、子宮がん、大腸がん、膀胱がんなどですが、すい臓がんや腎臓がんでは効果が低く、延命効果があまり望めないのが現状です。

また個人差もあって、病巣の大きさや体力などの患者の状態、がん細胞の抗がん剤への耐性(自然耐性や抗がん剤投与による獲得耐性)によっても効き方が変わってきます。

抗がん剤の効果に個人差があるのは、遺伝子レベルでの違いが原因となっていることが研究によってある程度分かってきていますが、この研究が進めば、患者個々に適したさらに効果的な抗がん剤を投与できるようになるはずです。
posted by AntiCancer | 抗がん剤治療の役割
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。